FC2ブログ

バイスティックの7原則 ・ 非審判的態度

今回は、相談援助技術、バイステックの7原則の非審判的態度です。

ワーカー(援助者)は、クライエント(相談者)の発言に対して、審判的態度をとってはいけない。つまり相談者の発言や行為について、良し悪しを判断するような姿勢を持ってはいけませんよ。という事です。

審判的な態度、例えば、相談を受けた際に、「それは間違っていますね」等の発言や、”それはおかしい”という感情を持つことで、態度に表れてしまうことは、援助者と相談者の関係を構築することが困難になってきます。

そもそも、援助者の良し悪しの基準は、相談者の良し悪しの価値観とは違うものなのだから。

なぜ、関係構築が困難になるか。

自分の発言に否定的な意見を言ってくる人に対して、それ以上、話をしようとは思わないですし、こんなこと言ったら、悪く思われるのではないかと相談者が感じてしまうと、本当に思っていることが言えなくなってしまうと思います。

相談者に対して、まずは受容し、審判的な態度をとることなく、話を聞かせて頂き、必要な情報はきちんとお伝えした上で、自己決定できるように援助していく事が大切なんですね。

相談援助を行うにあたって、物事を決定していくのは、相談者本人(利用者本人)なのです。

相談者の自己決定を、サポートするのが援助者です。

難しいケースも出てきますが、自己決定を、全力でサポートできる援助者になりたいと思っています。

 では、また。




バイステックの7原則 ・ 自己決定

バイスティックの7原則とは、対人援助・相談援助行う上で、ワーカーに求められる姿勢・考え方のことです。クライエントとワーカーの援助関係を構築してく為に必要なものです。

クライエントとは、相談者のことで、相談に来られるご家族であり、ご利用者様になります。ワーカーは、援助者、職員になります。

上記の関係性以外でも、同僚や部下から相談があった際など、この姿勢をもてると、いい関係を作ることが出来ます。

では、バイスティックの7原則の中の自己決定について、書いていきたいと思います。

自己決定とは、書いてある字の通り、自分で決めるということです。

ここでいう自分とは、クライエントの事です。そして、ワーカーには、クライエント自身が抱えている問題・課題に対して、クライエント自身が最良だと思える結論を出せるように支援していく姿勢が求められます。

ワーカーは、必要な情報は提供しないといけないですが、結論を誘導することはしてはいけません。

個別化の原則の中で書いたように、クライエントの抱えている問題は、クライエント自身の捉え方をしている問題です。その為、ワーカーが良いと思っている答え(結論)が、クライエントも同じように思うかはわかりません。クライエントとワーカーの価値観は同じではないですものね。

また、クライエント自身の人生の選択を、誰かの指示ではなく、自分で決定することが出来るという思いを持ってもらえるように支援していく事が大切です。

補足ですが、自己決定されて事をすべて受け入れないといけないのか、というと、そうではありません。法に触れることや、道徳的に逸脱しているここは、制限があると言われています。

 では、また。

お花見ドライブ

今、桜が満開ですね。

グループホームのご利用者様と、奈良まで、お花見ドライブに行きました。

その時の写真を。

IMG_20210331_145821_297.jpg

DSC01149_202104020846283a1.jpg

佐保川の桜を見たご利用者様は、何年分もの桜を見れたわぁ と 喜んで下さっていました。

 では、また。

バイスティックの7原則 ・ 受容

バイスティックの7原則とは、対人援助・相談援助行う上で、ワーカーに求められる姿勢・考え方のことです。クライエントとワーカーの援助関係を構築してく為に必要なものです。

クライエントとは、相談者のことで、相談に来られるご家族であり、ご利用者様になります。ワーカーは、援助者、職員になります。

上記の関係性以外でも、同僚や部下から相談があった際など、この姿勢をもてると、いい関係を作ることが出来ます。

では、バイスティックの7原則の中の受容について、書いていきたいと思います。

『受容』とは、受け入れるという意味ですが、ワーカーは、クライエントの全てをありのまま受け入れるということです。

良い感情や、自分の価値観と合うような話であれば、受け入れることは容易いことかもしれないですが、拒否的な言動や、負の感情等、例えば、何かしらの行為に対しての、「~したくない。」という拒否や、「もう死にたい」等の負の言動についても、そのクライエント個人の思いとして(←個別化)、クライエントの思いを尊重し、認め、一旦、受け入れるという事です。

介護の現場で言うと、例えば、帰宅願望があり、「帰りたい」と言われる利用者様に対して、なんとかこの場に居てもらおうと声をかけていくのではなく、まず、この利用者様は、今、帰りたいという思いを持っておられるのだということを受け入れるということです。

〇〇さんは、今、帰りたいと思われているんですね。

と、受容してから、なぜそう思われてるのか、お話を聞かせて頂き、対応をしていきます。

受容することで、『私の思いを受け止めてもらえた』と感じてもらえる姿勢を持つことが大切です。

自分の思いを受け止めてくれないと感じる人に、それ以上の話をしようとは思わないですものね。

 では、また。

バイスティックの7原則 ・ 個別化

前回の続きです。

バイスティックの7原則とは、対人援助・相談援助行う上で、ワーカーに求められる姿勢・考え方のことです。クライエントとワーカーの援助関係を構築してく為に必要なものです。

クライエントとは、相談者のことで、相談に来られるご家族であり、ご利用者様になります。ワーカーは、援助者、職員になります。

上記の関係性以外でも、同僚や部下から相談があった際など、この姿勢をもてると、いい関係を作ることが出来ます。

では、バイスティックの7原則の中の個別化について、書いていきたいと思います。

『個別化』とは、クライエントを集団の中の一人、なにかのグループに属する一人のように、カテゴリーに分けて考えるのではなく、唯一無二の存在として、捉えることです。

皆さん、育ってきた環境も、時代も、違います。その中で皆さんは、今までの経験を通じて、それぞれの価値観を持って生活されています。

同じような出来事に直面した時にも、人それぞれに、感じ方、捉え方、悩みかたは違うという事を分かっていなければなりません。もちろん自分とも違うという事も。

つまり、クライエントの抱える問題は、そのクライエントアが感じているものであり、誰かと同じように感じているものではないという事です。

どれだけ似たような問題であっても、問題の重さの感じ方は違います。

個別化とは、クライエントを個別化して捉えると共に、クライエントの抱えている問題も、自分の価値観や、似たような問題としてとらえずに、個別化するということ。

そして、クライエントの抱えている問題を、唯一無二の問題として、共感していくことで、関係性が深まっていきます。

 では、また。



カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

へぐりのさと

Author:へぐりのさと
ようこそ グループホーム・デイサービス平群の里へ

施設長によるブログです。

当施設の案内は下記のリンクからご覧ください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード