FC2ブログ

バイスティックの7原則 ・ 個別化

前回の続きです。

バイスティックの7原則とは、対人援助・相談援助行う上で、ワーカーに求められる姿勢・考え方のことです。クライエントとワーカーの援助関係を構築してく為に必要なものです。

クライエントとは、相談者のことで、相談に来られるご家族であり、ご利用者様になります。ワーカーは、援助者、職員になります。

上記の関係性以外でも、同僚や部下から相談があった際など、この姿勢をもてると、いい関係を作ることが出来ます。

では、バイスティックの7原則の中の個別化について、書いていきたいと思います。

『個別化』とは、クライエントを集団の中の一人、なにかのグループに属する一人のように、カテゴリーに分けて考えるのではなく、唯一無二の存在として、捉えることです。

皆さん、育ってきた環境も、時代も、違います。その中で皆さんは、今までの経験を通じて、それぞれの価値観を持って生活されています。

同じような出来事に直面した時にも、人それぞれに、感じ方、捉え方、悩みかたは違うという事を分かっていなければなりません。もちろん自分とも違うという事も。

つまり、クライエントの抱える問題は、そのクライエントアが感じているものであり、誰かと同じように感じているものではないという事です。

どれだけ似たような問題であっても、問題の重さの感じ方は違います。

個別化とは、クライエントを個別化して捉えると共に、クライエントの抱えている問題も、自分の価値観や、似たような問題としてとらえずに、個別化するということ。

そして、クライエントの抱えている問題を、唯一無二の問題として、共感していくことで、関係性が深まっていきます。

 では、また。



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

へぐりのさと

Author:へぐりのさと
ようこそ グループホーム・デイサービス平群の里へ

施設長によるブログです。

当施設の案内は下記のリンクからご覧ください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード